歯槽膿漏 歯磨き粉 おすすめ

今売れている!歯槽膿漏におすすめの歯磨き粉

 

歯槽膿漏,歯磨き粉,おすすめ

 

 

歯槽膿漏の原因は歯周病です。

 

対策としては丁寧に歯磨きをすることです。

 

できれば、歯周病専用の歯磨き粉を使って丁寧に歯磨きすることが効果的です。

 

そこで、今売れている歯槽膿漏におすすめの歯磨き粉を人気順にご紹介します。

 

 

 

プロポデンタルリンスR&C

 

歯槽膿漏,歯磨き粉,おすすめ

 

>>歯周病菌をスッキリ殺菌!プロポリス配合!薬用液体ハミガキ【プロポデンタルリンス】

 

 

歯槽膿漏におすすめの歯磨き粉は「プロポデンタルリンスR&C」という液体歯磨き粉です。

 

歯科医と共同で開発された商品で、累計750万本も売れている大人気の歯磨き粉です。

 

初回限定1,800円で、効果を感じられなければ全額返金保証もついていますので気軽に試せます。

 

 

>>歯周病菌をスッキリ殺菌!プロポリス配合!薬用液体ハミガキ【プロポデンタルリンス】

 

 

 

 

 

プロポデンタルEX

 

歯槽膿漏,歯磨き粉,おすすめ

 

>>歯周病専門薬用プロポリスハミガキ

 

 

プロポデンタルEXの特徴

 

・累計750万本も販売実績のある人気商品。

 

・殺菌作用のある薬用成分が歯周病菌や虫歯菌を抑えます。

 

・歯茎の血行を良くして、歯槽膿漏を予防します。

 

・生薬から抽出されてたグリチルリチン酸やフラボノイドが歯槽膿漏を予防します。

 

・強力なブラジル産プロポリスを配合。

 

・歯科医との共同開発

 

 

 

1,500円

 

送料無料

 

全額返金保証付き

 

 

>>歯周病専門薬用プロポリスハミガキ

 

 

 

 

 

薬用なたまめ柿渋歯磨き

 

歯槽膿漏,歯磨き粉,おすすめ

 

>>なたまめ柿渋歯磨き

 

 

なたまめ柿渋歯磨きの特徴

 

・モンドセレクションで金賞を受賞

 

  モンドセレクションとは味覚や衛生面、パッケージに記載されている成分などが正しいか、原材料などの項目があり、専門家や評論家が審査を行います。

 

・上質な天王柿の柿渋エキスを配合

 

  柿渋には防腐作用や殺菌作用があり、歯槽膿漏の症状を緩和します。

 

・界面活性剤や発泡剤を含んできません。

 

・サンゴや貝殻など、天然由来の研磨剤を使用

 

・なたまめエキスを配合

 

  血行促進効果や免疫力の向上、排膿作用(膿を出す)などがあり、歯槽膿漏の改善に効果があります。

 

・天然塩やグリチルリチン酸ジカリウムを配合

 

  歯槽膿漏の予防、口臭の防止に効果があります。

 

 

 

初回限定980円

 

送料無料

 

 

>>なたまめ柿渋歯磨き

 

 

 

 

歯槽膿漏とは?

 

歯槽膿漏と歯周病は同じような意味で使われています。

 

歯槽膿漏とは歯茎に起こる病変の総称です。

 

歯槽膿漏は歯周病菌にによって歯茎が炎症を起こし、そのままにしておくと歯を支えている部分の骨が溶けてしまい、やがて歯が抜けてしまいます。

 

腫れや出血などを伴った状態の歯肉炎はブラッシングをしたり、歯医者で歯石を除去してもらうことで治すことができます。

 

歯と歯茎の間は歯ブラシによる掃除がうまくできないために、歯垢がたまり、歯垢にいるたくさんの細菌によって歯茎が炎症を起こしたり、出血をしたりします。

 

歯垢はそのままにしておくと歯石と言って医師のように固くなって歯にこびりついてしまいます。

 

歯石が付くとブラッシングで取り除くことはできません。

 

歯石を取り除くためには歯医者に行って、機械でとってもらわないといけません。

 

そのままにしておくと細菌が入り込みやすいために症状をさらに悪化させてしまいます。

 

また、歯周病が重症化すると菌が血液中に入り込み、心筋梗塞や動脈硬化を起こすこともあります。

 

心筋梗塞は日本人の死因の第2位に挙げられます。

 

死後の解剖結果では心臓の血管内からそこにないはずの歯周病菌が発見され、それが原因で心筋梗塞を起こしたケースもあります。

 

歯周病菌と心筋梗塞は全く関係が無いように思えますが、歯周病菌が血液中に入り込むとけっかんのかべをきずつけたり、血小板に異常を起こして血栓ができやすくなるのです。

 

この血栓が心臓の周りの細い血管を詰まらせて、心筋梗塞になります。

 

他にも、歯周病と糖尿病は互いに影響があります。

 

糖尿病で高血糖状態でいると免疫力が低下して、感染症にかかりやすくなります。

 

歯周病も細菌感染なので免疫力が落ちることによって歯周病にかかりやすくなります。

 

また、歯周病によって歯茎が炎症を起こし、その炎症性物質が血糖値をコントロールしているインスリンの働きを妨げることによって、糖尿病を悪化させてしまいます。

 

年齢を重ねることでも免疫力が下がってきますので歯周病になりやすいようです。

 

歯槽膿漏を甘く考えていると大変なことになりそうですね。

 

 

 

 

 

歯槽膿漏が原因の臭い

 

歯槽膿漏になると口臭が気になると思います。

 

でもその口臭が歯槽膿漏を原因とするものかどうか、なかなか自分ではわからないと思います。

 

 

歯槽膿漏が原因の臭いの場合は、「メチルメルカプタン」という揮発性硫化物が原因です。

 

メチルメルカプタンの臭いの特徴としては腐ったタマネギのような臭いがするといわれています。

 

 

胃の炎症が原因の場合は腐った卵のような臭いで、ストレスや暴飲暴食が原因のようです。

 

 

歯槽膿漏になると歯周ポケットに歯周病菌がたまり、臭いを出します。

 

また炎症を起こして膿がたまってくるとこの膿が強烈なにおいを出します。

 

 

対策としては、丁寧なブラッシングを心がけることです。

 

歯周病専用の歯磨き粉などを使ってブラッシングすることをお勧めします。

 

 

 

 

 

歯槽膿漏におすすめの歯磨き粉の選び方

 

歯槽膿漏を治すには丁寧な歯磨きをすることが重要です。

 

歯槽膿漏の原因は歯周病菌ですので、歯周病予防専用の歯磨き粉を使って丁寧にブラッシングすることをお勧めします。

 

そこで、歯槽膿漏におすすめの歯磨き粉の選び方のポイントをご紹介します。

 

 

 

殺菌成分が含まれているもの

 

歯槽膿漏の原因である口の中の歯周病菌を殺菌する成分を含んでいるものを選びましょう。

 

殺菌成分としては、塩酸クロルヘキシジンや塩化セチルピリジニウムなどがあります。

 

他にもプロポリスなどの天然成分で殺菌作用のあるものを含む歯磨き粉もあります。

 

商品によってその特徴がありますので、どのような殺菌成分が含まれているのか確認するようにしてください。

 

 

 

抗炎症成分が含まれているもの

 

歯槽膿漏に感染すると歯茎が炎症を起こして腫れてきたり、出血したりします。

 

痛みを伴うこともあり、歯槽膿漏対策で重要な歯磨きができなくなってしまいます。

 

また、歯茎が腫れてしまうと歯周ポケットが深くなって、ポケットの奥のほうで歯周病菌が繁殖してしまいます。

 

そういうことからも、歯茎の腫れを抑えることは歯槽膿漏対策では非常に重要です。

 

 

 

研磨剤が含まれていないもの

 

歯磨き粉には、歯を白くするために歯の表面を削る研磨剤が含まれていることがあります。

 

歯を白くするためには効果的ですが、歯槽膿漏のときにはあまり良くありません。

 

炎症を起こしている歯茎に研磨剤はよくありません。

 

歯槽膿漏になると歯茎が下がって、象牙質という歯の柔らかい部分が露出します。

 

研磨剤を含んでいるとそのやわらかい象牙質の部分に傷をつけてしまいます。

 

その傷に細菌が入り込み繁殖してしまいますので、虫歯になるリスクもありますし、歯周病菌も繁殖して歯槽膿漏が悪化してしまいます。

 

なので、歯槽膿漏対策の歯磨き粉を選ぶ際には研磨剤を含んでいないものを選ぶようにしましょう。

 

ただ、研磨剤を含んでいないので、歯の黄ばみが気になることがあるかもしれません。

 

そのような場合には、1日に1回は研磨剤を含んだ歯磨き粉で磨くなど工夫するといいでしょう。

 

 

 

フッ素が含まれているもの

 

フッ素は歯の再石灰化を促しますので、歯槽膿漏で露出した象牙質という歯の柔らかい部分を再石灰化して硬くしてくれます。

 

虫歯の予防や知覚過敏の予防にもなりますので、歯槽膿漏対策で使う歯磨き粉はフッ素を含んだものを選びましょう。

 

 

 

発泡剤が含まれていないもの

 

もともと発泡剤は歯磨き粉に必要のない成分です。

 

歯磨き粉が泡立たないと歯磨き粉を付けている気がしなかったり、汚れが落ちていないような気がして、歯磨き粉が売れないようなんです。

 

つまり、歯磨き粉を売るためにわざわざ発泡剤を入れて泡立つようにしているんです。

 

しかし、泡立つことによって逆に良くないこともあります。

 

しっかり磨いていないにもかかわらず、たくさん泡立ってくるとよく磨いた気分になってしまいます。

 

また、たくさん泡立つので、しっかりゆすごうとします。

 

しっかりゆすぎ過ぎると歯磨き粉の有効成分がきれいに流されてしまって意味がありません。

 

このようなことから、歯槽膿漏対策の歯磨き粉を選ぶ際には発泡剤を含まないものにしましょう。

 

 

 

歯槽膿漏におすすめの歯磨き粉「プロポデンタル」が売れてる理由

 

プロポデンタルは歯科医と共同開発した日本で初めてプロポリスを配合した薬用歯磨きです。

 

国内大手企業の高い技術と著名な臨床歯科医師とともに作り上げた商品です。

 

 

プロポリスはミツバチが木の芽や樹液と自分の分泌液を混ぜて作るもので、巣を守るために使われます。

 

植物は傷つけられるとその傷口を守るために抗菌作用のある樹液を分泌し身を守っています。

 

ミツバチはこの作用を利用してプロポリスを巣に塗って細菌の繁殖を抑えて巣を清潔に保っています。

 

 

 

また、ミツバチの巣に小さなトカゲなどが侵入して中で死んでしまうと巣の外に出すことは不可能で、死骸をプロポリスで包みこみ細菌の繁殖を抑え無害化します。

 

このような効果のあるプロポリスにはフラボノイド、アミノ酸、各種ビタミンミネラルを多く含んでいて、これらが歯の健康を維持します。

 

他に、グリチルリチン酸やフラボノイドといった生薬のカンゾウから抽出した成分を含んでいて、生薬の力で歯肉炎を予防します。

 

 

 

プロポデンタルは平成7年に発売されてから20年間、使用した人のほとんどが継続で購入している大人気の商品です。

 

定期購入にすると10%オフで購入でき、送料も無料です。

 

さらにプロポリスキャンディまでもらえます。

 

全額返金保証もついていますので気軽に試せると思います。

 

 

>>歯周病菌をスッキリ殺菌!プロポリス配合!薬用液体ハミガキ【プロポデンタルリンス】